ニキビとは

ニキビとは、「尋常性座そう」という皮膚の病気です。

人の身体が第2次性徴を迎え変化していく時期に入ると、ホルモンやそれに伴う皮脂の分泌が増え、それによって毛穴が詰まりニキビが発生します。

ニキビの発生は、食生活を始めとする生活習慣やストレスなどもありますが、このニキビが出来る時期と思春期がはじまる時期がかさなることから「ニキビは思春期の証」と言われ、大半の人は時期が来れば減少し治まります。

ニキビは皮脂が多く分泌される場所の皮膚にできやすく、一度できてしまうとニキビの中に皮脂や角質がたまり、その後炎症が起きて赤くなることがあります。

ニキビができてひどい状態となっている時には、皮膚の状態は、赤くはれたニキビやその先端が黄色くなったニキビが広がる事がありますが、このニキビが増え、悪化していくのにはアクネ桿菌の働きがあります。

人の皮膚にはもともとブドウ球菌とアクネ桿菌が存在していますが、このアクネ桿菌は酸素を嫌い、皮脂を好みます。
そのため、皮脂の分泌が盛んになり毛穴に貯まるとそこでアクネ桿菌が増え、皮脂をと取り込み脂肪を分解する酵素のリパーゼを分泌するために皮脂を変化させ、それが大気中の酸素によって酸化し炎症を起こしたり、膿を持ったりする原因となっています。

時期が来れば減少しますが、あまりニキビの炎症がひどい状態が続くと、皮膚が荒れ、傷つくため、ニキビが治っても皮膚に跡が残る事がありますから、一時期のものと思わずに毎日の皮膚のケアが大切です。


▽特選リンク
ニキビを治療するためのスキンケア商品です ⇒ ニキビ治療